横山建の『真・好意5段階別恋愛攻略』マスター塾の正しい使い方

90日でブサイクが彼女を作る方法 レビューと徹底解説

横山建の『真・好意5段階別恋愛攻略』マスター塾の正しい使い方

読了までの目安時間:約 6分

 

どうも。

笹川です。

今回は、横山建の
『真・好意5段階別恋愛攻略』
マスター塾の正しい使い方をお伝えしていきます。







ご覧の通り、こちらが内容になっていて、
この内容をどのように、使っていったら良いのか?


ということを、僕の視点から
お伝えしていければなと思ってますので
是非、ご参考にしてください。


1.コンテンツ



まずは、
教材内容ともいえる部分なんですけど、
横山さんのノウハウって、


理屈をかなり重視
して作られていて、


すごく、分かり易くて
納得もいく内容になっています。


ですが、個人的には
このコンテンツに関しては
サラっと読み流すぐらいが
ちょうど良いです。


なぜなら、理論はあくまで理論です。


学んだことを、実際に
どのように、実践に移すのかを
イメージできたほうが良いのは確かですが、


イメージはあくまで、
イメージです。


実際に実践するとなると
イメージ通りにはやっぱり
行かないですよね^^;


そうなんです。


実践してみると分かるんですけど
イメージ通りにはいかないこと
多いんですよ。笑


ですので、一番学ぶべきは
やっぱり、実践してみた時、

相手が、どういう反応をしたのか?


とか、そういう部分ですね。


で、逆に、実践量に比例しない
ほどの知識量になってしまうと、


頭でっかちの理屈屋に
なってしまう可能性が高いので、


実戦7割
知識3割

の比率を意識してください。


2.個別コンサル、スカイプコンサル


こちらは、
2ヶ月間と期限がありますので、
使い倒しましょう。笑


ただ、1回20分ですので、
コンサル希望を出す前は、
事前に、何を話すかを決めておきましょう。


3.個別添削


LINE、デート音声などを
見てもらって、添削してもらう
サービスですね。


これ、もろに、自分のダメなところが
分かって、自分よりも、恋愛が上手な人の
思考を盗めるまたとないチャンスですので、
これも、活用しまくってください。


そして、これを活用しまくるためには、
出会いが沢山ないといけないわけですから、


もし、コンサルに申し込んだけど、
あまり、デートする女性がいないということでしたら、

死にもの狂いで
出会いの量産に励むべきです。


少なくとも、2か月間は
一つでも多く、デートの日程おw
れることに力を注ぐべきですので、


仕事が終わったら、少ない時間で
ナンパしたり、クラブに行ってみたり。


時間の合間に、SNSや恋活アプリを
やってみるなど、何でも良いので、
とにかく、沢山実践することですね。


4.メンバーとの交流



実は、これが、一番大事
というか、財産になります。


恋愛ノウハウで勉強してるって
人には言いにくいですよね。


基本的に、世の中の人は、
ハウツーの類に不信感をもっているからです。


ですので、基本的に、
実践をするときは、
一人になると思うんですが、


今回のコンサルでは
メンバーの交流用のSNSが
あります。


このSNSで仲間を見つけて
切磋琢磨してやって行きましょう!


ってことなんですが、
この仲間っていうのが、実は
めちゃくちゃ貴重で、
中々見つからないものなんですよね。


ですので、いいですよ。


ナンパ友達だったり、
合コン仲間を使ったら、
本当に人生楽しくなります^^



っていうか、教材とかよりも
ハッキリ言って、こういうコミュニティーが
大切なんですよね。


まあ、この意味の深さは
今は分からないと思いますけど、

お金だけでは、
手に入らないものだったりも
しますので、大切にしてください。


そして、どんどん、色んな人と
交流して言ってください。


合コン友達とか、ナンパ友達とか
沢山いればいるほど、絶対に楽しいですからね。


ということで、やっぱり、
ノウハウがどうこうではなく、


コミュニティーだったり、
個別コンサルに価値がある内容ですので、
実践ありきですね。


実際に、友達が出来たり、
ダメな自分を見つめなおしたり
するためにお金を
払うという感覚でいてください。



では、笹川でした。

 

横山建の恋愛教材レビュー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

教材ランキング一覧

当サイト限定特別特典

http://busayari.renaisyouzainavi.com/wp-content/uploads/2015/03/busaiku-toku.jpg
 

ブサヤリレビュー