横山建の恋愛ノウハウ

90日でブサイクが彼女を作る方法 レビューと徹底解説

女性の連絡先を聞くベストなタイミング

読了までの目安時間:約 6分

 


今の時代、恋愛ノウハウが溢れかえっていますね。


ネット上には、、教材を販売している人や
セミナーを開いている人もいます。


もちろん、ノウハウもそれぞれ違います。




恋愛には答えがない


という言葉があるのをいいことに、
根拠のないことや、再現性のないことを
好き勝手いっている人もいます。



だから、それらのノウハウを信じて
うまくいっていない人も沢山います。



ただ、これは上手くいかなくて当然です。


何が正しくて何が間違っているのかを
判断できないわけですから。


恋愛は答えさえ分かっていれば、
やることはシンプルです。



ただ、答えが分からないと複雑化します。


ですから、好きな女性をモノにするためにも
正しい方法を知ってください。



それでは、今日のお題に入ります。


連絡先を聞くベストなタイミング



タイプの女性ともし知り合うことが出来たら、
あなたはどうやって、どういうタイミングで
連絡先を聞きますか?


まず、連絡先を聞くためには、
警戒されないように接していく必要があります。



そのためには、

「なぜ、連絡先を聞くのか?」

という理由を自分の中でしっかりと
把握しておく必要があります。



どうも、世の中には、


連絡先を聞く行為=彼女にする第一歩


と勘違いしている人が多いんですよ。



で、連絡先を聞けたら、
関係が前進すると思ってしまうから、
連絡先を聞くことに固執してしまいます。



そして、この焦りからガツガツ感が出て
それが女性に伝わり、警戒されるという
結末が待っています。



連絡先を聞く行為というのは、
その後、連絡を取るために必要だから聞く
ということを覚えておいてください。



例えば、職場や学校、サークルなど
よく顔を合わせる環境であれば、
無理に聞く必要は全くないわけですよ。



なぜなら、連絡を取り合わなくても
合っている時に話せば良いからです。



定期的に合う環境で知り合った女性は
付き合ってもない場合は、毎日連絡を取り合うことなど
ありえません。


ですので、仲良くなってしまえば
連絡先を聞いても、普通に教えてくれるでしょうが、

「どんな内容を送るの?」


という話になってしまいます。



 
今日は暑いね。いま、何してるの?



もし、こんな内容でも送ろうものなら、
あなたに対して女性は、厳重警戒態勢に入るでしょう。



なぜなら、上記の内容というのは、告白をしているのと
あんまり変わらないからです。



「好きです」とは言わなくても、好意が伝わってしまうんです。



こういう問題に直面するため、デートに誘ったりするまでは、
よく顔を合わせる環境の場合は、連絡先は聞かないほうがいいんですね。


ただ、ナンパや合コンの場合は、
その場で連絡先を聞かないと、次がない状況も
あったりしますよね。



そういう時は、多少無理してでも聞いたほうが良いです。



連絡先を聞いておかないと、
アプローチをしてうまくいくいかない以前に、
可能性が0になるわけですから。



だから、連絡先を聞くことが
すべてではないということ。



そして、連絡先を聞く前に
必ずやっておく必要があることがあります。


それが、警戒心を解くことです。


警戒心を解いてしまえば、
連絡先を聞いても、何も変な空気にならずに
教えてくれます。


で、警戒心を解くことを前提に、話をすると、
連絡先を聞くベストなタイミングというのは、
分かれる間際です。


ストリートナンパの場合に限っては、
彼氏待ちの女性もいるため、早めに聞いたほうが良い場合もあります。



ですから、バイバイするまでの時間も考えながら、
残された時間を計算しつつ、警戒心を解いていかないと
いけないということです。



あとは、その状況を見ることも大切です。



皆集まってバーベキューとかだったら、
無理に連絡先を聞く必要はないわけです。


次にまた集まる約束をすれば、
接点を作れるからです。



ですから、状況によっては
あえて連絡先を聞かないという
選択もあるわけなんですね。


連絡先を聞くことよりも、
とにかく、


「そういえば、まだ連絡先知らなかったね。」


という言葉を気軽に言えるぐらい、
女性と仲良くなることに専念してください。



仲良くなることが出来たら、
連絡先を聞くタイミングで悩むことは
金輪際なくなります。



また、女性とすごく仲良くなる


ということから逃げないでください。



結局、ここから逃げている人が、

連絡先を聞く行為=彼女にする第一歩

になっている気がします。

 

横山建のyoutubeマガジン    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

教材ランキング一覧

当サイト限定特別特典

http://busayari.renaisyouzainavi.com/wp-content/uploads/2015/03/busaiku-toku.jpg
 

ブサヤリレビュー